::Dearest Dogs::

dearestdog.exblog.jp

お世話係のひとり言。

ブログトップ

供血初体験

9歳の黒ラブグレースちゃんが輸血を必要としている情報が入りました。

場所は?
赤羽・・・・・近いじゃない!
ウチの子達が役に立つのならばと昨夜連絡を入れました。

朝電話がかかり、「来て下さい」と。

普段なら20分もあれば着く場所なのに、今日は月曜日に雨。混んでいます。40分位掛かって到着。
すでにグレースちゃんのお友達も着ていて、3頭で検査。
あいにくウチの子達は合いませんでしたが、同じく輸血を必要としているゴールデンの子に合うので、お役に立つならばと供血してきました。

両方の前足から200mlの血液が取られました。
ふーの進行具合を見て院長先生が、「この子血圧が高いんだね。早いや」と・・・・
高血圧???
いやいや、心配は要らないらしいです。圧が高い分、チューブに入る血の流れが早いということらしいですわ。いや~ビックリした。
同時に背中に輸液を点滴。背中がプクッと瘤のようになりました。
e0057499_13264040.jpg

ふーさん、供血中もいたって良い子。何をされても動じません。
一方のなみさん、10分もすれば飽きてきてバタバタ。おやつで騙し騙し。まったく!!

病院からご褒美を頂きました。
まずは「鹿の肉」5キロ位はありそう・・・・
e0057499_13292812.jpg
そして、半年間自然乾燥した「鹿の骨」(食べごたえがありそうです)
e0057499_13304673.jpg
そして、そして、鉄分のトリーツ。と言ってもおやつではないです。栄養剤ですか???
リシンジで吸いご飯に垂らすのです。
e0057499_13322916.jpg


帰りの車の中で骨をあげてみました。
ふーさん、迷わずパクリ。なみさん、暫く匂いを嗅いで恐る恐るパクリ。以後帰るまで舐め舐めカジカジ。
殆ど減りませんね。
15分位食べたら止めさせて、洗って紙で包んで冷蔵庫に入れれば長く持つようです。

グレース、早く元気になろうね。
今回はウチの子達はダメだったけど、皆駆けつけているからね。
[PR]
by dearestdogs | 2006-07-24 13:16 | ワンコとおでかけ