::Dearest Dogs::

dearestdog.exblog.jp

お世話係のひとり言。

ブログトップ

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

なみの急変

ふーのご心配、ありがとうございます。
無事に昨日の夜に帰宅しました。
今朝は普通にごはんも食べられました。

実はなみが今朝からショック状態になり緊急入院しました。
今朝のごはんは食べず、3度嘔吐してからぐったりしたので病院に連れて行ったところ、子宮自体は破裂とか危険な状態ではないものの、歯茎が真っ白になっているところを見ると胃か十二指腸の転移で腸管出血している可能性もあるし、蓄膿症の毒素がまわったエンドトキシンショックの可能性もあるとのこと。
どちらにしてもショック状態であることは確か。

入院して様子をみています。
決して「大丈夫」とは言えない状態らしいです。
コメントをいただいた方には申し訳ないですが、少しお待ちください。

☆登録してみました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

[PR]
by dearestdogs | 2011-06-30 15:51 | 犬とくらし

身代わり?

ふーさんを水曜日の朝に連れて行こうと思ったけど、前日から入院させるために夕方病院に置いてきた。

病院周りを散歩させている時も歩くのが嫌そう。辛いのかな?
どこかに転移してしまっているのだろうか?不安が次々に襲ってくる。

月曜日の診察で、2月に腰にできた腫瘍は組織球肉腫の疑いだったが違っていて、経過は良好な血管周皮腫というものだった。
昔は良性と言われた腫瘍で、その後悪性と認識されるようになったもの。
マージンを大きく取ることで転移の可能性は低いし、このガンは遠隔転移はしないので肺とか他の臓器への転移も大丈夫だろうと言うことだった。
去年の夏の子宮蓄膿症の手術後の抜糸には6週間を要したが、今回は2週間できれいに付いた。

でもこの春ごろかな~
明らかに体力がなくなってきている。
きっとこの頃から乳がんはでき始めていたのかも知れない。
これは血管周皮腫の転移とは言えないと院長は言っていた。

待合室にいた副院長(院長の奥様)にふーさんを手渡す。
「手術前に電話しますか?」の問いに「終わったら電話ください」と答える。
ふーさんの頭を撫でながら、「なんでこの年(11歳から12歳)で1年間で3回も手術しなきゃいけないんだろう」と呟いたら、副院長が言った。

「きっとお母さんの病気をこの子が背負ってくれたんだよ。だからお母さんは元気でいなきゃいけないし、この子達も”元気でしっかり私達を看護してよ”って思っているよ」

そっかー、犬たちを最後まで看取るためには私が元気でいなきゃいけないんだ。
私の身代わりになってくれたんだ。

もしなみが寝たきりとかになっていた上のふーのガン宣告だったら私はどうしていただろうか?
ふーがガン宣告を受けても、なみが今は元気だから平常心を保てていたのかもしれない。
副院長のその言葉に今まで抑えていたものが一挙に涙になって流れていた。


☆登録してみました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

[PR]
by dearestdogs | 2011-06-28 23:54 | 犬とくらし

参ったね

先週の初めになみの診察に行って下痢が続いている話をすっかり忘れて帰ってきちゃったり、週末に行ったら混んでいたので、本当は診察しないともらえない下痢止めの薬を無理やり頂いてご帰宅。
もうグッタリよ。

で、今日ふーさんも調子悪そうなのでオフタリ様診察を受けてまいりました。

先週行ったのはなみが陰部を気にし出したこと。
子宮蓄膿症を疑って行ったけど、その気配はあるものの、数値やレントゲンではすぐには診断できる状態ではなかった。
日曜日に陰部から排膿が見られたので、また診察を受けた。
普通はヒート後2ヶ月が危ないと聞いていたが、なみはもう3ヶ月はゆうに過ぎている。
でも結果は子宮蓄膿症。
今のなみにとって手術が最適なのか?本当は緊急手術になる所を膿が出ているので気持ち的には猶予がある。なので薬で様子を見ることになった。

一方のふーさん
胸にしこりができていたので診察。乳腺腫瘍か脂肪腫。
熱を持っているので脂肪腫ではない。ここ数ヶ月歩き方も辛そうだし、朝の散歩も行かなくなっている。
乳腺腫瘍であることは明らか。良性か悪性か・・・・

結果は残念ながら悪性だった。乳ガンだ。まいった。
血液検査では手術には問題はないそうなので2日後に予約を入れた。

☆登録してみました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

[PR]
by dearestdogs | 2011-06-27 23:50 | 犬とくらし

朝霧の後

朝霧の記事以降ずいぶん時間が経ってしまった。

家に帰って車から犬たちを降ろそうとしたらなみが着地したとたん転んだ。
歩き方が変だ。
まるで泥酔した親父みたいな腰がフラフラ。足元もおぼつかない。
少し歩いては腰から砕けてゆく。
帰ってくる道中、助手席の座をめぐって、ふーとなみが互いにどかないでなみが腰から助手席の足元に落ちた。すぐに上がれないので手助けして上げたのが原因かな。

翌日医者に行ったら、「精髄は大丈夫、貧血から来ているのかも知れない。少し時間をみよう」と言うことになった。
翌日、まだ良くはなっていないが、少しは歩けるようになってきた。
日を追うごとになみは見た目は普通に歩ける。でも良く見ると足を引きずると言うか、引きずるときに爪を引きずる音がする。ナックリングとは違うような気がするが・・・・
当然、爪を削る動作なので時々は血が出ていることもある。

なみは歩きながらのウンチなので、足元が平らでないとこうなったらコケル。
先日は緩めウンチの上にこけまして、腰がウンチまみれで帰宅しました。はぁ~



☆登録してみました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

☆つぶやいています
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by dearestdogs | 2011-06-21 16:06 | ワンコとおでかけ

初旅行

先週の土日に朝霧に泊まりに行ってきた。
本当はhappylabsのふれあい会だったが、雨で中止が早々に決定。宿取っちゃったし、キャンプ組は決行するらしいので、私も参加することにした。
実は犬連れ旅行は初めてなのだ。

ベットに上げないでくださいと注意書きがあったから、さぁ大変!
だって我が家はベットで寝ているんですもの。
ヒトリと3匹で、幸いツインベットの一方のお布団はなかったので、そこにカバー。
私が寝る予定のベットの掛け布団は取っ払ってロフトに上げて、持ってきたマイクロファイバー毛布を使った。おりしも台風の影響で雨が・・・・・

キャンプ組と楽しい夕食も犬たちは車の中で待機。
他の犬たちと仲良くできないヤツ等ですから。飼い主もオチオチ食事もできないですから。
でも楽しかった。
犬たちはやっぱりベットの上で就寝。
いつもはダブルベットなので私が寝るスペースはあるけど、ここはシングルベット。犬たちの隙間に体を押し入れ無理やり寝た。犬たちはどかないのよね~
飼い主を何だと思っているのか(^_^.)

翌日はお友達の家に寄り、犬メシの食材を購入。
ゆっくり帰ってきた。
泊まりもなかなか楽しいもんだわ。
今度は千葉方面にでも繰り出してみよう。
でも帰宅したらとんでもない事が起こっていた。

☆登録してみました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

☆つぶやいています
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[PR]
by dearestdogs | 2011-06-01 20:39 | ワンコとおでかけ